Brain(ブレイン)

仮想通貨収益化基礎講座

仮想通貨収益化基礎講座

【Brain公式】この記事を購入する

仮想通貨収益化基礎講座

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0




仮想通貨で「儲ける」方法は?取引の仕組みやリスクも解説

2021年2月、アメリカの電気自動車メーカー・テスラが、暗号資産(仮想通貨)・ビットコインを15億ドル(約1,600億円)購入。さらに、近い将来ビットコインをテスラ車購入の決済手段とする考えを明らかにして話題を集めた。

これまでは、「投機」というイメージの強かった暗号資産(仮想通貨)だが、2020年に入ってからは、富裕層や機関投資家が資産ポートフォリオに組み込むことが多くなってきている。

今回は、暗号資産(仮想通貨)への投資で利益を生む(儲ける)方法や、取引を行うために利用する取引所などについて解説する。

そもそも暗号資産(仮想通貨)とは何か?

暗号資産(仮想通貨)とは、一般の通貨のように紙幣や硬貨といった実体を持たず、インターネットを通じて取引される通貨である。法定通貨は、各国の中央銀行によって管理されているが、暗号資産(仮想通貨)では管理するための中央集権的な組織は存在しない。そのため、プロックチェーンと呼ばれる技術を用いて、ユーザー同士で取引の情報が管理されるようになっている。

現在では、多くの暗号資産(仮想通貨)が存在しており、その数は1,000種類以上存在するといわれている。代表的なものとしては、ビットコインがあるが、そのほかにも、イーサリアムやリップルといった暗号資産(仮想通貨)が知られている。

なお法律上、暗号資産(仮想通貨)は「暗号資産」と呼ばれている。当初は、暗号資産(仮想通貨)と呼ばれていたが、G20など国際社会で暗号資産と呼ばれることが増えたため、2020年の法改正により、暗号資産に統一された。

暗号資産(仮想通貨)で儲かるケース

  • 暗号資産取引の値上がり益で儲かるケース
  • 暗号資産の「現物取引」で儲かるケース
  • 暗号資産の「先物取引」で儲かるケース
  • 暗号資産のマイニングで儲かるケース
  • レバレッジ取引で儲かるケース
  • イールドファーミングで儲かるケース
  • アービトラージで儲かるケース
  • NFT取引で儲かるケース
  • 積み立て投資で儲かるケース
  • ポイントサイトで儲かるケース

暗号資産(仮想通貨)で「儲ける」方法は大きく分けて、二つある。株式投資と同様に、値上がり益(キャピタルゲイン)を狙う方法と、暗号資産の「マイニング」によって報酬を受け取るという方法だ。

それぞれについて、以下で解説する。

ここから有料記事

この続きを見るにはBrain公式サイトに移動する必要があります

【Brain公式サイト】で「続き」を見る

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

その他「口コミ・評判・レビュー」を見る

固定ページ

TOP
迫祐樹 迫佑樹 さこゆうき 迫裕樹 brain スキルハックス